Saltar al contenido
I'm Reading A Book

Capitulo 03 EMDLHDUD

ア イ リ ス 親 衛隊
GUARDIAS DE IRIS

ターニャ
Tanyaアイリス専属の侍女.家事から護衛·時に秘書まで何でも熟すスーパー侍女.幼い頃スラムから拾い出され,そのためアイリスを心酔している.お嬢様至上主義なところがあり,少々過激な発言をすることも。
La doncella exclusiva de Iris. Una super sirvienta que podía realizar desde las tareas del hogar, guardaespaldas, incluso como secretaria. Desde que fue salvada y sacada del barrio pobre, idolatró a Iris desde entonces. Dado que ella está “adorando” a su Señora, hay ocasiones en las que deja escapar comentarios extremos.
ラ イ ル
Lyle

アイリスの護衛.幼い頃にアイリスに拾われた.護衛隊の報告書等デスクワークもこなしている.力が強い為,それを活かした戦い方が特徴的.金髪の瞳にガッシリとした体つき.
Iris Guardaespaldas. Iris lo recogió cuando era pequeño. Desde el informe del convoy hasta el trabajo de escritorio y cosas por el estilo, lo ha hecho todo. Como obtuvo una fuerza bastante poderosa, su característica de batalla es usarla como una ventaja. Tiene cabello rubio y ojos y cuerpo firmes.

デ ィ ダ
Dida

ライルと同じくアイリスの護衛.幼い頃に拾われている.飄々とした物言いと雰囲気で,いつもライルに小言を言われている.素早さを活かした戦い方が特徴的.茶色の髪の毛,にほっそりと し た 身体 つ き。
Como Lyle, también es los guardias de Iris. Fue recogido cuando era pequeño. Con su apariencia y personalidad despreocupadas, Lyle siempre lo está regañando. Su característica de batalla es usar su velocidad como ventaja. Tiene cabello castaño y un cuerpo delgado pero fuerte.

レ ー メ
Rehme

アルメニア公爵家使用人.図書室の管理を行っている.アイリスに幼い頃に拾われた.アルメニア公爵家図書室の本は全て読了.その為,幅広い知識を有する.アイリスの知恵袋として,偶に助言を乞われることも.現在は図書室の管理と同時並行で,領立の学園の授業も受け持っている.髪は常に三つ編みに結わいていて,大きな分厚いメガネをかけている.
A sirviente de la casa del duque Armenia. Ella está a cargo de la gestión de la biblioteca. Iris la recogió cuando era pequeña. Ya terminó de leer todos los libros de la biblioteca de Duke Armenia. Por lo tanto, obtuvo una amplia gama de conocimientos. Como fuente de conocimiento de Iris, también le da consejos de vez en cuando. Ahora, además de la encargada de administrar la biblioteca, también se encargaba de administrar la lección de la escuela pública en el feudo. Su cabello constantemente arreglado en trenzas, también usa unas grandes gafas de aspecto pesado.

モ ネ ダ
Moneda

元アルメニア公爵家使用人.アイリスに拾われ暫く仕えていたものの,アイリスが学園に入学するために領地を出たと同時に,モネダも使用人を辞めた.その後は,商業ギルドで副会計士を務める.今 回 ア イ リ ス の 勧 誘 に よ り 、 銀行 の 初 代 会長 に。 時 は 金 な り 、 と い う 言葉 を こ よ な 愛 す る 、 健全 な 商 売 人。
Antiguo sirviente del Duque de Armenia. Iris lo recogió y él la sirvió por un tiempo, cuando Iris dejó el territorio una vez que fue aceptada en la Academia, al mismo tiempo, Moneda también dejó de ser sirvienta. Posteriormente, se desempeñó como vicecontador del gremio comercial. Esta vez, según la persuasión de Iris, se convirtió en el primer presidente del banco. Los verbos “El tiempo es dinero”, le encanta, la encarnación de un verdadero comerciante.

セ イ
Sei

アルメニア公爵使用人にして,執事見習い.なんでもソツなくこなす.個性豊かなアイリス親衛隊の中で,一番影が薄いのでは…というのが悩み.割と押しに弱く,気弱なところがある反面,一旦決 め る と 頑固。 特 に ア イ リ ス に 関 す る こ と に 関 し て は 基本 頑 と し て 譲 ら な い。 こ 最近 は 、 執事 の 仕事 か ら 離 す る こ と 関 し て は 基本 頑 と し て 譲 ら な い。 こ 最近 は 、 執事 の 仕事 か ら 離 す
sirviente de la casa . El tipo que hará lo mejor que pueda. Entre los guardias de Iris que tienen personalidades únicas, él es el que tiene la presencia más débil … lo cual es un poco preocupante -Es un poco débil contra la presión, es un poco tímido, pero una vez decidió algo bastante terco. Especialmente todo lo relacionado con Iris, es bastante terco y nunca se lo da a nadie más. Hoy en día, está más involucrado en el trabajo de la empresa que en el trabajo de su mayordomo.

メ リ ダ
Mérida

アルメニア公爵家のお抱え料理人.アイリスに幼い頃拾われた.料理人は基本男性の世界なのだが,本人の意思とアイリスの可愛い我儘で,すったもんだの末に厨房に入ることができた.男ばかりの 世界 で 生 き 残 れ る ほ ど 、 意思 と 気 が 強 い。 本 編 前 半 で は 、 商会 の 喫茶 ラ イ ン の 現場 を ぼ 任 さ れ て い る た め 、 出 い い
exclusivo del chef de Armenia. Iris la recogió cuando era joven. Normalmente, un chef es para hombres, pero, con su propia voluntad y el adorable egoísmo de Iris, después de mucha persuasión, finalmente pudo entrar a la cocina. Para poder sobrevivir en un mundo donde solo hay hombres, ella poseía una fuerte voluntad y personalidad. En la mitad de la historia principal, ya que se le confió la línea de la tienda de la empresa, no tuvo mucho turno.

***

「そ う い え ば 、 皆 は 仕事 以外 の 時 は 普 段 ど う し て い る の?」
[Ahora que lo piensas, normalmente, ¿qué hacían todos además del trabajo?]

「……俺とライルは昼間は適当に身体動かして,夜に飲みに行ってるなあ.師匠のお陰で大分酒には耐性ついてるから」
[… .Para mí y Lyle, Nos sesión de ejercicios durante el día, en la noche salimos a tomar algo. Gracias a la Maestra hemos construido una tolerancia bastante alta]

「あ あ …… そ う よ ね」
[Ah… tienes razón…]

「こ い つ っ た ら 、 こ の 前 飲 み に 行 っ た 時 に 女 の 子 に 声 か け ら れ て 、 タ ジ タ ジ な っ て て て な あ」
[Este chico, antes cuando la rodeamos, se le acercó para tomar una copa. ]

「あ ら 、 そ ん な 事 が。 そ の 話 、 詳 し く 教 え て」
[Oh, ¿ese tipo de cosas pasan? Esa historia, por favor cuéntame más sobre ella]

「デ ィ ダ! お 嬢 様 に 何 て 事 を 話 し て い る ん だ!」
[¡Dida! ¡¿Qué tipo de historia le estás contando a la Dama ?!]

「あ 、 い っ け ね。 じ ゃ あ ね 、 姫 さ ん」
[Ah, mierda. Hasta luego, Mi’lady]

「…… デ ィ ダ っ て 本 当 足 が 早 い わ よ ね…」
[… ..Dida… Ese tipo es muy rápido para escapar, ¿no es así?…]

「そ う だ ね ぇ ぃ。 昔 っ か ら あ あ し て ラ イ ル に 追 わ れ て い た 成果 な ん じ ゃ な い の か い?」
[Eso es correcto. ¿No son los resultados de haber sido perseguidos por Lyle así desde que eran niños?]

「ふ ふ…。 そ れ で 、 メ リ ダ は?」
[Fufu…. Y luego, ¿y tú, Mérida?]

「私? 私 は 休 み の 時 は 普通 に 過 ご し て い る よ。 そ れ こ そ 、 買 い 物 行 っ た り 本 を 読 ん だ り」
[¿Yo? Paso mi tiempo libre con bastante normalidad. Por ejemplo, comprar o leer un libro]

「な る ほ ど」
[Ya veo]

「こ の 前 は セ イ と 出 か け た ね え」
[Salí con Sei no hace mucho, ¿verdad?]

「そ う で す ね。 こ の 前 、 気 に な る 菓子 屋 が あ る と か 言 っ て」
[Eso es correcto. Anteriormente, dijiste que había una confitería que te llamó la atención]

「へ え …… セ イ は 休 み ど う し て い る の?」
[Ji…. ¿Y tú, Sei?]

「メ リ ダ さ ん と 同 じ で す よ? 色 々 な 店 を 見 た り 、 後 は 本 を 読 ん だ り 様 々 で す」
[Creo que es lo mismo con Merida-san. A veces, iba a mirar escaparates, luego leía libros, hay varias cosas]

「本 か… 本 と い え ば 、 レ ー メ は?」
[Libro, ¿eh?…. Hablando de libros, ¿y tú Rehme?]

「そ う で す ね ぇ …… 私 は ぁ 、 基本 本 を 読 ん で る の で ぇ」
[Veamos…. Para mí, básicamente leo libros]

「休 み の 日 も?」
[¿Incluso en el día libre?]

「は ぃ! 本 を 読 む 事 が 趣味 な の で ぇ 、 あ ん ま り 休 日 と か 関係 な い で す ね ぇ…」
[¡Sí! Leer libros es básicamente mi pasatiempo, así que no hay relación entre si es un día libre o no…]

「ま あ 、 確 か に 趣味 が 仕事 な ら…。 じ ゃ あ 、 モ ネ ダ は?」
[Bueno, ciertamente si tu hobby es también un trabajo…. Entonces, ¿qué pasa con Moneda?]

「私 で す か? 私 は 、 金 勘定 を し て ま す ね」
[¿Yo? Para mí, es calcular el dinero]

「そ れ は 、 仕事 っ て こ と?」
[Ese es tu trabajo, ¿no?]

「い え い え。 レ ー メ と 同 じ で 、 金 の こ と を 考 え る の が 私 の 趣味 な ん で す よ」
[No, no. Es lo mismo que Reeme, pensar en el dinero es una especie de mi pasatiempo, sabes]

「そ れ っ て 、 趣味 な の か し ら?」
[Es decir, ¿puedes siquiera decir que es un pasatiempo?]

「人 の 趣味 な ん て 、 人 そ れ ぞ れ で す よ」
[El pasatiempo de una persona es diferente para cada uno, como ves]

「…… そ う?」
[…. ¿Es así?]

「え え」
[Sí]

「…… そ れ じ ゃ 、 タ ー ニ ャ は?」
[… ..Y luego, ¿qué hay de ti, Tanya?]

「…… お 休 み 、 で す か ……」
[…… Durante un día libre, ¿hmm?….]

「そ う。 メ リ ダ み た い に 買 い 物 と か を し て い る の?」
[Derecha. ¿Fuiste de compras como Mérida?]

「…… お 休 み 、 と い う 概念 が 今 一 つ 分 か り 兼 ね ま す」
[…… .Un día libre, hasta ahora no podía entenderlo en absoluto]

「…… そ う い え ば 、 タ ー ニ ャ。 貴 女 、 最近 休 み 取 っ た の っ て い つ?」
[……. Ahora que lo piensas, Tanya. Tú, ¿cuándo fue la última vez que te tomaste un día libre?]

「… 記憶 に ご ざ い ま せ ん」
[… .. No podía recordarlo]

「ターニャ,お休みを取りなさい.気づかなかった私も悪いけど,貴女も積極的に取らないと!明日からにでも,すぐ」
[Tania, tomar un día libre. También es culpa mía no darme cuenta antes, ¡deberías haberlo pedido! A partir de mañana, lo antes posible]

「私 に は 、 休 み な ど 不要 で す」
[Para mí, personalmente, no necesito un día libre]

「休 み は 重要 よ? 私 も 、 休 ま な さ す ぎ て 倒 れ た じ ゃ な い!」
[Un día libre es esencial, ¿sabes? ¡Incluso para mí, si no tomo uno, colapsaría!]

「お嬢様は仕事の最中に力加減ができていなかったのですよ.私は手の抜き方というのを習得しておりますので大丈夫です」
[Eso es porque mi señora no podían separar su enfoque cuando Estás trabajando con fervor. Para mí, sé cuándo tengo que tomarlo con calma, así que está bien]

「そ う は 言 っ て も ね 、 タ ー ニ ャ」
[Incluso cuando lo dijiste así, Tanya…]

「それに,それを言うなら他のメンバーにも言うべきだと思いますよ?先ほどの話からディダとライルは休日も訓練をしている様子.メリダはお菓子屋さんに行っていると言ってたの は 、 要 す る に 敵情 視察 で す し… セ イ も メ リ ダ と 同 じ。 リ ー メ と モ ネ ダ に 至 っ て は 仕事 そ の ま ま ん ま の 事 を の 事 を し 事 を し
debería decirlo así, además a los demás también, ¿ves? De nuestra charla anterior, Dida y Lyle parecen estar siempre practicando incluso en los días libres. Aunque Mérida dijo que fue a la confitería, son solo inspecciones en nuestra tienda rival, ¿verdad? Sei es igual que Mérida. E incluso para Rehme y Moneda, simplemente hicieron su trabajo como de costumbre, ¿no?]

「…… 確 か に」
[…… Ahora que lo explicas…]

 

AnteriorNovelasMenúSiguiente
error: Content is protected !!
A %d blogueros les gusta esto: