Saltar al contenido
I'm Reading A Book

Capitulo 01 EMDLHDUD

ア ル メ ニ ア 公爵 家 の 人 々
LA CASA DEL DUQUE ARMENIA

ア イ リ ス ・ ラ ー ナ ・ ア ル メ ニ ア
Iris Lana Armenia

本作主人公にしてアルメニア公爵令嬢.ゲーム『君は僕のプリンセス』の中では悪役令嬢として登場している.物語のままであれば,エンディング後は勘当の上,幽閉という運命を辿っていた.
髪 は 銀色 、 瞳 は 父 の サ フ ァ イ ア ブ ル ー を 受 け 継 い で い る。 ま た 顔 は 母親 似。
En esta obra, el personaje principal es la hija del duque de Armenia. En el juego [Eres mi princesa], apareció como la noble dama villana. Si seguiste la historia, en Endings, además de ser repudiada, también está destinada a ser encarcelada.
Su cabello es de color plateado, heredó sus ojos azul zafiro de su padre. Sin embargo, heredó su apariencia de su madre.

ベ ル ン ・ タ ー シ ・ ア ル メ ニ ア
Berna Tashi Armenia

ア ル メ ニ ア 公爵 家 嫡 男 に し て 、 ア イ リ ス の 弟。 ア イ リ ス と は 同学 年 の 年 子。 学園 の 学 で は 、 、 常 に ト ッ プ の 成績。 父親 父親 父親は 父親 ゆ ず り だ が 、 瞳 の 色 の お か げ か 父親 よ り も 明 る い 印象。
Es el hijo mayor de la casa del Duque Armenia, el hermano menor de Iris. Está en el mismo año académico que Iris. En toda la Academia, siempre está en el rango más alto. Obtuvo el color de su cabello de su padre. Sus ojos celestes son heredados de su madre. Aunque heredó el color de cabello de su padre, gracias al color de ojos de su madre, obtuvo impresiones más brillantes que su padre.

ル イ ・ ド ・ ア ル メ ニ ア
Louis De Armenia

アルメニア公爵家当主にして,宰相.サファイアブルーの瞳が特徴的.怜悧な目つきで,部下たちからは“氷の宰相”と呼ばれている.チョコレートブラウンの髪とモノクルがトレードマーク.
Es el actual jefe de familia de Duke Armenia, así como Primer Ministro. Sus ojos azul zafiro son su característica única. Con su mirada fría, sus subordinados llamaron “El Primer Ministro de Hielo”. Su marca registrada es su cabello castaño chocolate y un monóculo.

メ ル リ ス ・ レ ゼ ・ ア ル メ ニ ア (愛称: メ リ ー)
Melrice Lese Armenia (Apodo: Merry)

ア ル メ ニ ア 公爵 夫人 に し て 、 社交界 の 華 と 名 高 い。 彼女 の 発 言 で 流行 が 生 ま れ る と 言 っ て も 言 で は は な な い ほ ど の 影響 力。 家 家 家 家にゾッコン.
社交界の華と呼ばれるだけあって,その美貌は貴婦人の憧れの的.瞳はアクアマリンを彷彿させるような薄い水色.
La esposa del duque Armenia, llamado como “La flor de la alta sociedad”. No es una exageración que pueda nacer una tendencia con sus comentarios, que cuán poderosa es su influencia. Hay una gran diferencia entre su personalidad dentro y fuera de casa. A pesar de que es un matrimonio político, está completamente enamorada de su esposo. Como esperaba su apodo “La flor de la alta sociedad”, otras mujeres también anhelan su belleza. Sus ojos son de color azul claro que se asemejan a la aguamarina.

ア ル メ ニ ア 公爵 家
Casa del Duque de Armenia

歴 代 当 主 は 宰相 を 務 め る 家。 貴族 の 中 で も 筆頭 貴族 に 分類 さ れ る。
El jefe de este hogar se desempeña como Primer Ministro durante generaciones. También se clasificó como el Jefe de la Aristocracia entre otros aristócratas.
ア ル メ ニ ア 公爵 領
Ducado de Armenia

王 都 よ り 南 東 に あ る 領地。 気 候 は 北部 で 常春 、 南部 は 一部 亜 熱 帯。
東 は 海 に 面 し て お り 、 南西 の 領 境 に は 山 が 聳 え で 常春 つ 自然
Es un territorio自然de la Ciudad Imperial. Es un manantial constante en el norte, la zona sur es parte subtropical.
El lado este está frente al mar, la zona suroeste está bordeada por montañas y un territorio rico.

***

「あ の 、 お 母 様」
[Disculpe, madre]

「ん? な あ に 、 ア イ リ ス ち ゃ ん」
[N? ¿Qué pasa, Iris-chan?]

「お 母 様 っ て 、 お 父 様 の 何処 を 好 き に な ら れ た ん で す か?」
[Madre, ¿de qué parte del padre te enamoraste?]

「ま あ… そ ん な の 、 全部 よ 全部。 だ っ て 、 旦 那 様 ほ ど 魅力 的 な 方 は い ら っ し ゃ ら な い じ ゃ な い」
[Oh mi … es decir, todo. Bueno, eso es porque nadie más es tan excelente como mi querido esposo]

「お父様は確かに仕事ができる,素敵な殿方だと思いますよ?そうではなくてですね,馴れ初めみたいなのを聞きたいな…と.何でもお母様,小さな頃からお父様の事が好きで好きで 仕 方 が な い と い う 感 じ だ っ た と 王 太后 様 か ら 聞 き ま し た か ら 」
[Es cierto que papá es excelente en el trabajo, creo que también es un caballero, ¿sabes? Pero eso no es lo que estoy preguntando; Pensé … podía escuchar cómo ambos se enamoraron. Porque ya ves, escuché de la reina viuda que siempre te veías como si tu padre te hubiera enamorado desde la infancia]

「あ ら 、 王 太后 様 っ た ら。 恥 ず か し い わ ね」
[Oh, Dios mío, reina viuda…. Ahora estoy avergonzado]

「で 、 実 際 の と こ ろ ど う だ っ た ん で す?」
[Y, en realidad, ¿cómo te fue?]

「う ー ん …… 内 緒。 お 父 様 と お 母 様 の 秘密」
[U ~ n… Es un secreto. Es el secreto de tu padre y tu madre]

「え え… 気 に な り ま す わ」
[Eeh … Ahora estoy preocupado por eso]

「… 奥 様 、 旦 那 様 が お 帰 り に な ら れ ま し た」
[… Señora, el señor ha vuelto]

「ま あ 、 旦 那 様 が? す ぐ に お 迎 え し な け れ ば」
[Oh, mi marido es? Necesito darle la bienvenida en ese entonces]

「……… セ バ ス」
[……… ..Sebas]

「は い 、 何 で し ょ う か」
[Sí, ¿qué es?]

「わ ざ と?」
[¿Lo hiciste a propósito?]

「そ の よ う な 恐 れ 多 い こ と は 、 致 し ま せ ん」
[Es algo tan terrible, no lo he hecho]

「そう……ああ,気になりますわ.お父様は筆頭公爵の嫡男で,将来宰相位につく優良物件だったと思うけど…お母様なら選り取り見取りだったと思うのよね.王家に嫁ぐことだってできたと思 う も の 」
[Ya veo … Ah, ahora me lo estoy preguntando. Padre es el hijo mayor del Jefe de la Aristocracia, un futuro Primer Ministro es un activo excelente, o eso pensé … si es Madre, ella podría superarlo fácilmente, ¿verdad? Aunque, ella también podría casarse con un miembro de la familia real, es lo que cualquiera pensaría].

「奥 様 は 王家 に 嫁 ぐ べ き だ っ た と?」
[¿Está insinuando que la Señora debería casarse con la Familia Real?]

「そ う で は な い わ。 お 母 様 が お 父 様 と 結婚 し て く だ さ っ た か ら 私 は 産 ま れ た 訳 で し。 で で も 、 や っ ぱ り よ に よ
. Gracias al matrimonio de padre y madre pude nacer. Pero, como compañera, ¡me lo estoy preguntando!]

「左 様 で ご ざ い ま す か」
[Estoy de acuerdo]

「今 度 お 父 様 に 聞 い て み よ う か し ら…」
[Me pregunto si debería preguntarle al Padre la próxima vez…]

NovelasMenúSiguiente
error: Content is protected !!
A %d blogueros les gusta esto: